開催概要

開催概要


【テーマ】日本の真ん中をみんなで守る!

【会期】 2020年12月19日(土)

【会長】 今村 浩(信州大学医学部救急集中治療医学教室/高度救命救急センター 教授・センター長)

【会場】 信州大学医学部附属病院
      〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1

【学術集会事務局】信州大学救急集中治療医学教室
           〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1
           電話番号: 0263-37-3018
           FAX: 0263-37-3028
           E-mail: qqsuh@shinshu-u.ac.jp



会長挨拶

 第 23 回日本救急医学会中部地方会総会・学術集会を 2020年 12月19日(土)に 信州大学医学部附属病院で開催させていただくことになりました。本会を松本の地で開催するのは9年ぶりになります。テーマは「日本の真ん中をみんなで守る!」としました。今日、救急医学の分野においては、診療の質の向上と標準化、体制の充実などが急速に進んでいます。一方、近年救急医療や災害医療を取り巻く環境は著しく変化、多様化しております。本学会は救急集中治療医学、災害医学の最新の知識を学び、地域に則した情報を交換する貴重な場です。

 本学術集会は「日本の真ん中を守る」ことをテーマに掲げ、中部地域の救急医療関係者が集まって各々のスキルアップを図るとともに、地域の救急医療に関わる課題を様々な視点から議論し、解決を図る場にしたいと考えております。中部地方は地理的に西日本と東日本の往来の要となる地域です。この地域の救急・災害医療を充実させ、当地域のみならず全国へ向けて知見を発信することにより、社会貢献を果たしてゆきたいと考えております。

 本学会には、救急医療に携る多くの職種が参加します。今回は特に「みんなで守る」ことに重点を置き、医師や看護師ばかりでなく、救急隊員、薬剤師、診療放射線技師、リハビリテーション技師、さらには行政関係者などが一堂に会し、職種を越えて救急医療に関する情報や認識の共有を図る場にしたいと考えております。また、救急専門医、救急認定看護師や急性・重症専門看護師、救急救命士、救急認定薬剤師、救急認定撮影技師それぞれのための専門講習やスキルアップセミナーなども計画しております。

 3月現在、世の中は新型コロナウイルスパンデミックの話題一色ですが、開催の頃には平穏な日々になっていることを願うばかりです。師走の多忙な時期であるかとは思いますが、冬の松本はおいしい料理とお酒、風情のある温泉や町並み、スキーなど、楽しみも満載です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。


令和2年3月吉日
第23回 日本救急医学会 中部地方会 総会・学術集会 会長
信州大学医学部 救急集中治療医学教室 教授 今村 浩